格安海外送金のTransferwiseがすごい!帰国時の送金に利用

格安海外送金のTransferwiseがすごい!帰国時の送金に利用

こんにちは

趣味 ネットサーフィンの私

先日「エストニア IT企業」と検索していたところ
(エストニアはITスタートアップが盛んとのことで、気になって調べていました)

SkypeやFunderbeamに続くのは?エストニアのスタートアップ事情というサイトにたどり着き、Transferwise(トランスファーワイズ)という企業・サービスについて学びました!

実際に利用して便利だったので、追記記事入れています。

エストニア発、日本でも大注目のTransferwise

海外送金が格安にできる仕組みを構築しているTransferwise
Pwc & デロイト出身の方と、Skype出身の方(どちらもエストニア人)で立ち上げた会社。

2011年から事業を開始し、日本では2016年9月にローンチ。
三井物産とWiLが出資しているなど注目度大!

原罪利用者数は200万人を超え、毎月5億ポンド(770億円相当)以上の取引がされているとのこと!すごいですね!!!!
現在41ヶ国の通貨が取引可能です。

通常、国際送金時のコストは高い・・・

通常、国際送金には一定の手数料がかかり
(銀行によりますが2500-7000円程度 ちなみに私もSGに来る際、日本の銀行から送金したところ約7000円かかりました。参考比較サイトはこちら
その上受け取り手数料というものや、為替マージンもあり・・
(Transferwiseはこれを隠れたコストと呼んでいます)

あれ?消えていくお金。。という感じでした。

ところが!!!!
Transferwiseでは、仕組みで手数料をセーブすることができます。

私が感銘を受けた、画期的なTransferwiseの仕組み

具体的な仕組みなのですが、
海外送金分としてTransferwiseが受け取ったお金は同国内でプールしておき、
引き出したいという人向けにそのプールから引き出す という手法です。
(国内でマッチングするようなイメージ)

抽象的でイマイチ伝わりづらいかもしれませんが・・・

例えば、
私がシンガポールから日本にお金を送りたいという際にTransferwiseにお金を入れた場合には、実際にそのお金を日本に送るのではなく、SG内でお金を引き出したい人のためにプールしておくイメージです。

私が日本でお金を引き出す際にはTransferwiseの日本のプールから引き出すことになります。

この方法により、かなり格安で海外送金ができるようになりました!!

従来の銀行等の手数料に比べると、
およそ8分の1程度とのこと。これはすごい!!!!

これは使わない手はありません!!

ちなみに、日本円とSGD間の送金手数料は 0.8%、5万円以下は一律400円

・為替手数料 一切なし
・その他の隠れたコスト 一切なし

とのことで、安心して取引ができます!

とても素晴らしい仕組みだな~と思い、ぜひ共有をしたい!!と思ったので記事にしてみました。(我慢できず職場でも何名かに唐突にシェアw)

追記:帰国時に、実際に送金してみました

シンガポールにも口座は残しておくことにしましたが、
夫も私も、いくらか残した状態で残りはTransferwiseを使って日本に送金しました!
無事、低コストで送金ができ、サービスへの感謝しかないです!!!!!
ちなみに銀行側の上限だったのか、Transferwise側の上限だったのか、
自分が恐る恐るやったのかは忘れましたが、何百万という単位を1日で送金することはできなかったので、複数日に分けてトランザクションしました。
トランザクション履歴をみたところ、1日あたりSGD5,000 / 1アカウントで複数回手続きしています。

ちなみに、お友達紹介URLからの登録だと、
紹介割ということで初回500ユーロ(S$800程度)まで取引手数料無料になるとのことなので(今後使う機会はあまりないのですが、、私にも紹介特典が!)もしよかったらご活用ください!
※下の名前が出てしまってますが、気にしないことにしました・・・

定期的に海外送金されている方などへ、少しでもお役に立てば幸いです!

(^^)ノ

シンガポール情報の 人気ブログたちはこちらに掲載されています★

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

Pick Upカテゴリの最新記事