シンガポールをより知れる本 The Diary of Amos Leeが面白すぎる★実在のお店やイベントを楽しく学べます

こんにちは

最近読み進めているエッセイ風小説の
The Diary of AMOS LEE
たまたま本屋でみかけて買ったのですが・・・
(Kindle版もあります)


The Diary of Amos Lee: I Sit, I Write, I Flush! (English Edition Kindle版)

シンガポールで暮らす小学校低学年?のAMOSが主人公となり、
家族のことや学校での出来事などを
日記調で綴っているこの本(筆者は子供向けの本を多数だしているAdeline Fooという方)

ものすごく、シンガポールのことについて学べます

美味しいローカルのお店とか
季節のイベントのこととか
(直近だと旧正月のこととか Chingay Paradeのこととか)
Kopiの種類とかMiloのことやHorlicksのこと
Urine detection deviceのこととか(本当か嘘か知らないですが衝撃を受けました・・)

などなど。。。

知らなかったことがイラスト付きで
いっぱい載っててすごく勉強になります!

載ってるお店やURLも、実在するものです。

この本、なんと、22万部突破の大ベストセラー!とのこと
ドラマ化?もされたみたい
続編もたくさん出ています。

子供向けに書かれてるからか、日記調だからかわからないですが、
文章も平易で読みやすいです。
それでも常にわからない単語は出てきますし、都度調べながら読み進めてますが。。。
(それもまた勉強になってよい!)

一番勉強になるのは、

口語で書かれてるので、
あ、こういうときこういう風に言うんだ~みたいな表現をたくさん知れること

Upsetの使い方とか
Grossの使い方とか
ちょっとした返事や相槌の表現についてとか
書ききれませんが、たくさん学べるな~と実感してます

Intermadiateのコーナーにあった本なので
子ども向けの本なのですが
子供が使いこなす単語や言い回しも知らない自分にガックリしつつ(;o;)
頑張ろう!という、やる気も出ます。(笑)

試してみたいお店などは諸々紹介されているのですが、
そのうちの1つオールドチャンキーのカリーパフをトライしてみました
(Old Chank Kee /Curry puff)

う~ん。美味しい!!
サクほろで脂っこくない皮に美味しいカレーがかなりマッチしてて、
あっという間にペロリでした。

良かったら、本もカリーパフも試してみてください!

(^^)ノ

シンガポール情報の 人気ブログたちはこちらに掲載されています★

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です