シンガポールのお部屋探し事情について

こんにちは

 

シンガポール・・・・・・・
高い高いとは聞いていましたが
家賃、マジで高い!!!!!

東京にいたころと同じような間取り条件(寝室1、リビング1、書斎1)で、
都心への通勤時間的にも変わらないのですが

東京にいたころの家賃の約1.5倍です・・・・・(爆)

税率が低いので手取りは上がるのでその点はまぁトントンになるのかなとは思いつつも
なかなか厳しいところ・・・

シンガポールで賃貸契約した際のことを記録しておきます

①日系の不動産エージェントへの登録&問い合わせ

契約のこととかよくわかんないし・・・・・ということで、
まずは日系のエージェントさんに登録。
同時並行で、Property Guruというサイトで色々情報収集。

夫のシンガポール出張の際に私も一緒に行き、
そのエージェントさんと会ってきました。

実際に何軒か物件などを見せていただいたのですが、
契約は入居の1ヶ月~2週間前じゃないとできないとのこと。
(ちなみに2016年9月頃のシンガポール不動産の空室率は4割?ほどといっていました。結構あるのね)
尚、家賃の10%~15%くらいであれば値下げ交渉ができるとのこと

いろいろ見る中で、具体的に譲れないポイントは何なのかが明確にできてよかったです。
(広すぎなくていい、とか、家のまわりに色々お店とかあったほうが便利でいいよね、とか)

というわけで、その時はまだ先だったのでいったん終わり。
ちなみに、日系エージェントさんだと契約手数料が家賃1ヶ月分かかるとのこと。

Property Guruで探し、気になったものを現地エージェントへ直接問い合わせ
夫はすでにシンガポールで仕事を始めていましたが、
最初の1か月はホテル暮らしでした。。。
家は一緒に見つけたい!といいうことで、
お仕事お休みいただき再度シンガポールへ。

気になった物件については夫から現地エージェントへ連絡してもらい、
いくつかの物件をみました。
個人的に感じた街のイメージはこちら

Tanjong Pagar/Raffles Place
いわゆるタワマンがたくさんあるところ。共通設備がとても充実しているところが多い。
日本でいうところの丸の内のあたりのイメージの金融街(Raffeles Place)が近く、
オフィス街といったイメージ。
地価が高いため、わたしたちの予算で探すと、狭めの部屋ばかりでした。
独身貴族の方が多く住んでいそうなイメージ

Green Line沿い
都心からは少し距離が離れるが、
同じ家賃で大きな部屋などが借りられるところが多かったです
家族世帯にぴったりとのこと

Novena
コスパよさげな街でした、
日本人も結構多いらしく、日系の病院なども多い様子
Cityエリアまで電車で10分ほど

Sumerset
オーチャートというところ(日本の銀座のようなイメージ)が近く、
買い物など便利そうで、にぎやかな雰囲気でした

Bugis
若者の街?といった感じで活気あふれている場所

‥‥といった感じでした。

10軒近く見たのですが、
最後の最後で、
これだーーーーーーーーーーーーーー!という物件に巡り合い、無事契約♪

その後、
夫は現金にてデポジットを入金するよういわれ、
多額の現金を握りしめながら、
ムスタファ(Little Indiaというディープなところ)にあるの換金所に連れていかれたのでした・・・(笑)

というわけで。。。
現地エージェント経由であれば家賃1ヶ月分抑えられます!!!!

が、会社都合で引っ越す場合などは
会社持ちだと思うのでそこは気にしなくてもいいとは思いますが、、。
もし個人でお引越しされる方などで、費用を安く抑えたい方にはオススメできるかもと思いました。
(^^)ノ

シンガポール情報の 人気ブログたちはこちらに掲載されています★

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です